株式会社MEDI-TRAIN

第4回スポトレ富山を開催しました

LINEで送る
Pocket

5月12日(日)に、富山県上市町で第4回「スポトレ富山」を開催しました。

上市町にお住まいの子ども達や保護者の方など、約40名にご参加いただきました。

 

スポトレ富山チラシ

 

子どものうちに身につけたい身体の使い方

スキップ練習

 

今回は、通常のスポトレに加えて、運動会前ということもあり「かけっこ教室」を行い、速く走るためのポイントをレクチャーしました。

走りの速い子と遅い子の違いの特徴を「姿勢」という観点から説明し、正しい姿勢づくりのためのエクササイズを行いました。

 

走り方のポイントを頭で理解した後は、実際に走りながら動きを習得していきます。

走る速さは、生まれつきのものが大きいように感じている方が多いですが、環境などの後天的な要素のほうが大きく影響します。

 

走り方の姿勢づくり

 

スポトレかけっこ教室

 

子ども達には、スポトレを通して、身体を動かす楽しさや爽快感、達成感などを味わってもらいたいと思います。

今後もスポトレ富山では、富山県内の理学療法士を中心に、親子で楽しめる様々な運動プログラムを提供していきます。

 

富山市神保地区でスポトレが始まります!

神保コミュニティだより

 

神保児童館でスポトレ教室がスタート

 

富山市神保地区の「かがやき教室(神保公民館主催・神保児童館共催)」にて、スポトレのプログラムを導入していただけることになりました。

音楽に合わせたリズムトレーニングや体幹トレーニング、スポーツ鬼ごっこなど、運動が得意な子も苦手な子も、誰でも楽しめるスポトレ教室を開催します。

 

第1回目は、5月30日(木)15時30分~、神保公民館多目的ホールにて開催します。

富山市内にお住まいの小学生のご参加をお待ちしております。

 

富山市立神保公民館HP

この記事を書いた人

伊藤彰浩

株式会社MEDI-TRAIN代表取締役。
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー/理学療法士。
健康経営エキスパートアドバイザー。
スポーツ整形外科でトップアスリートや子どもから高齢者まで幅広い年代に向けたリハビリテーションを経験。
現在は、首都圏を中心にアスリートや産前産後の女性のリハビリテーション、コンディショニングを行っている。
その他、企業の健康経営サポートや医療・介護福祉施設でのリハビリコンサルティングも行っている。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

コンディショニングを通じて働く人のパフォーマンスを上げる企業サポートを行います。

お気軽にご相談下さい お気軽にご相談下さい arrow_right
PAGE TOP