株式会社 MEDI-TRAIN

医学部生対象のオンライン講演会「リハビリテーションと地域参画」

LINEで送る
Pocket

【医学部生対象のオンライン講演会】
 
5月1日に医学部生を中心としたコミュニティ『楽し樹』さんにお招きいただき、「リハビリテーションと地域参画」と題してオンラインでお話させていただきました。
 

 

講演会にご参加いただいたのは医学部生だけでなく、薬剤師、助産師、学校の先生、作業療法学生さんなど多種多様な方々。

 

セミナーでお話させていただく時は、いつも『何のために』やっているのか、という事を冒頭にお話させていただいてます。

 

「何のために、スポトレをやっているのか」

「何のために、産前産後ケアをやっているのか」

など、目的と実践(手段)をセットで話すようにしています。

 

人は、想いに共感する。

そして、その想いに共感した人が、連鎖反応的につながって社会に一石を投じていく。

「一石を投じる」というと、すごく大きなチャレンジに聞こえてしまいますが、そうではなく、自分にできることをやる」「自分以外の他人のために、ちょっとだけおせっかいな活動をする」

 

そのようなイメージです。

 

昨日は学生の参加者も多く、例えるならダイヤモンドの原石だと思います。

ダイヤモンドを磨くのは、ダイヤモンド。

一緒により良い社会をつくっていきましょう!

 

昨日ご参加いただいた皆さま、運営スタッフの皆さま、ありがとうございました!

 

↓セミナー参加者からのご感想

 

この記事を書いた人

伊藤彰浩

株式会社MEDI-TRAIN代表取締役。
アスレティックトレーナー/理学療法士。
スポーツ整形外科でトップアスリートや子どもから高齢者まで幅広い年代に向けたリハビリテーションを経験。
現在は、神奈川、東京都内を中心にアスリートや産前産後の女性のリハビリテーション、コンディショニングを行っている。
その他、企業の健康経営サポートや医療・介護福祉施設でのリハビリコンサルティングも行っている。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

コンディショニングを通じて働く人のパフォーマンスを上げる企業サポートを行います。

お気軽にご相談下さい お気軽にご相談下さい arrow_right
PAGE TOP