株式会社 MEDI-TRAIN

お母さんが笑顔になる空間をみんなでつくる!

LINEで送る
Pocket

大学時代から一貫してあるのが「大人が変われば子どもが変わる。子どもが変われば未来が変わる」という思い。

 

今年4月からお世話になっている『お母さん業界新聞社』代表・藤本さんに「根拠はないですが、子どもはお母さんの影響を一番に受けて育つと思う。だから、世の中のお母さんを元気にしたいんです」と、話したところ、藤本さんから思わぬ答えが返ってきた。

お母さん業界新聞社とメディトレインの取り組み

 

「根拠はあるのよ!」と。

 

藤本さんとの衝撃的な出逢いにインスピレーションを受け、30年もの間「お母さん」を中心とした活動を続けてきた「お母さん大学」の事をもっと知りたいと思うようになりました。

 

昨日も横浜みなとみらいのアジト(正式名称は、母時間ワーホプレイスとらんたん)にて、代表の藤本さん、編集チーフの青柳さん、お母さん大学横浜支局の植地さんとお会いし、今後の作戦会議に参加させていただきました。

お母さん業界新聞、母時間ワーホプレイスとらんたん

 

キーワードは「ナンカ、オモシロイコト、イミアルコトヲ、ウミダス」

 

30年もの間、様々な社会課題の本質に向き合ってきたお母さん業界新聞社様が、6月1日、横浜みなとみらいにある日本丸メモリアルパークタワーA棟から新たなプロジェクトをスタートしました。

 

先日、私も微力ながら、お母さん大学の皆さまと一緒に、壁塗りと床材搬入のお手伝いをさせていただきました。

横浜みなとみらい、母時間ワーホプレイスとらんたん

 

横浜みなとみらい、母時間ワーホプレイスとらんたん始動

 

お母さんがほっと一息ついたり、エネルギーチャージできたり、時には子ども達も一緒に楽しめるサードプレイスのような場所が「母時間ワーホプレイスとらんたん」です。

 

プロジェクトが本格始動したら、ぜひ注目していただきたい、いえ、多くの方々に参画していただきたいプロジェクトが次々と産み出されていきます。

 

弊社もその一員として、お母さん大学の皆さまと一緒に時間を共有し、「母時間」を産み出していきたいと思います。

横浜みなとみらい、日本丸メモリアルパークタワーA棟

 

お母さん業界新聞社

この記事を書いた人

伊藤彰浩

株式会社MEDI-TRAIN代表取締役。
アスレティックトレーナー/理学療法士。
スポーツ整形外科でトップアスリートや子どもから高齢者まで幅広い年代に向けたリハビリテーションを経験。
現在は、神奈川、東京都内を中心にアスリートや産前産後の女性のリハビリテーション、コンディショニングを行っている。
その他、企業の健康経営サポートや医療・介護福祉施設でのリハビリコンサルティングも行っている。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

コンディショニングを通じて働く人のパフォーマンスを上げる企業サポートを行います。

お気軽にご相談下さい お気軽にご相談下さい arrow_right
PAGE TOP