株式会社 MEDI-TRAIN

妊娠中の貧血予防について

LINEで送る
Pocket

今回は妊娠中の「貧血予防」について解説していきます。
妊娠中の貧血
 
妊娠すると、お産や授乳に備えて体は血液量を増やしていきます。
血液量は増加しますが、血液中の赤血球の増加が追いつかないため血液が少し薄まってしまい、生理的に貧血になりやすいと言われています。
(それが、血栓症を予防するとも考えられています)
 
貧血が強いと、疲れやすくなったり、息切れ、めまい、食欲不振、立ちくらみなどの症状がでたりします。
軽い貧血であれば、赤ちゃんへの影響は少ないのですが、強い貧血の場合、赤ちゃんの体重が標準より小さめになったり、お産後の母乳の出がよくなかったり、普通以上に気分が沈んだりすることがあります。
 
妊娠中の貧血で最も多いのが、鉄不足による「鉄欠乏性貧血」です。
鉄欠乏性貧血を予防するためには、貝類、海藻、動物性レバー、豆類、緑黄色野菜など「鉄分」が多く含まれる食材を意識してとりましょう。
妊娠中の貧血予防の食材
食事でとれない場合は鉄剤を内服や点滴で摂取することになりますが、できれば食事から効率よく摂取していけるように心がけましょう。
 
まれに、溶血性貧血や他の病態による貧血の場合もあるので、注意が必要ですが、妊娠、出産のこの機会に赤ちゃんのため、そして自分自身のためにも普段の食事から貧血を予防をしていくことが大切になります。

この記事を書いた人

瀧口 小百合

産前産後onlineチームケアMY Team助産師。
小学生男子2人の母。
東京大学病院女性外科、神奈川のフリースタイル分娩 湘南厚木病院産科勤務。
結婚後、神奈川→兵庫→横浜→北海道と転勤を繰り返す。
自身の経験を活かして、転勤族で知り合いのいない場所での子育てに困っているママや赤ちゃんのサポートをオンラインで行っている。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

コンディショニングを通じて働く人のパフォーマンスを上げる企業サポートを行います。

お気軽にご相談下さい お気軽にご相談下さい arrow_right
PAGE TOP