株式会社 MEDI-TRAIN

妊娠中のカフェインについて

LINEで送る
Pocket

今回は『妊娠中のカフェイン』について解説します。

妊娠中のカフェインの取りすぎに気をつけて

 

コーヒータイムやお茶の時間は、ほっとリラックスできるひと時ですよね。

 

しかし、カフェインを含むコーヒー、紅茶、緑茶、チョコレート、ココア、コーラ、エナジードリンクなどは、摂取することで頭が冴えて眠気を覚ます作用があります。

 

カフェインを摂取しすぎた場合、めまいや不眠、吐き気が生じることがあります。
妊娠前には大丈夫であったものも、妊娠すると出てくることもあります。

また、カフェインは胎盤を通じて体中の血液にも移行するため、妊娠中に過剰に摂取することで流産、胎児発育不全、早産への影響があると言われています。

 

鉄の吸収も妨げるため「貧血」にもなりやすくなります。

 

そのため、カフェインの過剰摂取には注意する必要があります。

産後、授乳の際には母乳に移行して赤ちゃんが興奮したり、寝られなくなったりということもあります。

 

できれば、妊娠中はカフェインを含む飲み物は控えた方がよいですが、
WHOの基準では、妊娠中のカフェイン摂取量は1日200~300mg未満(コーヒーカップで3、4杯、マグカップで2杯程度)までとしています。

 

最近では、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインのコーヒー、紅茶などたくさんの種類が出ています。

妊娠中はノンカフェイン飲料がおすすめ

 

これをきっかけにご自身のお気に入りの飲み物を見つけていくのも良いかもしれませんね。

今日も良い一日をお過ごしください。

この記事を書いた人

瀧口 小百合

産前産後onlineチームケアMY Team助産師。
小学生男子2人の母。
東京大学病院女性外科、神奈川のフリースタイル分娩 湘南厚木病院産科勤務。
結婚後、神奈川→兵庫→横浜→北海道と転勤を繰り返す。
自身の経験を活かして、転勤族で知り合いのいない場所での子育てに困っているママや赤ちゃんのサポートをオンラインで行っている。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

コンディショニングを通じて働く人のパフォーマンスを上げる企業サポートを行います。

お気軽にご相談下さい お気軽にご相談下さい arrow_right
PAGE TOP